会社概要

社長挨拶

沿革

常に進歩と改革を。私たちのテーマです。

「新しい価値を創造し、それを提供する」

当社は、創業以来の企業ポリシーとして掲げてきました。

変化の激しい現代社会において、柔軟な発想と創造、それらを支える優れた技術が我々の原点です。

 

What's Next (次は何だろう?)

新しい技術を積極的に取り込んでいきます。

近年、お客様のニーズは複雑化、多様化しており、それにお答えすることが我々の使命だと考えております。

たくさんの情報の中から有益な物だけを選別し、それを具体化してお客様に提供する。

形のない物を現実にするための新技術の開発、従来の技術の見直し、これらを継続的に進めることによって「お客様と共に進化していきたい」と考えております。

基本情報

会社名

友宏ワイズ株式会社

 

創業

1978年(昭和53年)7月1日

 

設立

1982年(昭和57年)7月1日

 

資本金

1000万円

 

代表者

代表取締役社長 𠮷村央子

 

従業員数

42名(令和3年7月現在)

 

事業内容

各種エラストマー、樹脂の切削、成形加工、販売

工作機械のシール材、クッション材

ハイブリッドゴムシート(環境負荷物質フリー)製造、販売

 

各種ディスプレイやサインなどの企画、設計、製作、施工

オンデマンド・プリンティング

インクジェット出力サービス

シンボルマーク

ロゴ.png

1978年(昭和53年)7月

創業者 𠮷村豊が犬山市大字塔野地にて、友宏ゴム化成を創業。

 

1982年(昭和57年)7月

名古屋市北区五反田町309番地に移転。

 

1984年(昭和59年)7月

法人組織に変更、友宏ゴム化成株式会社設立。資本金500万円。

 

1989年(平成元年)12月

名古屋市北区五反田町308番地に本社工場新設。

 

1990年(平成2年)1月

資本金1000万円へ増資。

 

1990年(平成2年)2月

犬山市塔野地に犬山作業所新設。

 

1991年(平成3年)9月

名古屋市北区五反田町302番地に本社社屋新設。

 

1997年(平成9年)4月

犬山市塔野地浦屋敷にヴィジュアル事業部設立。

 

2000年(平成12年)12月

本社社屋改築。

 

2002年(平成14年)5月

名古屋市北区五反田町302番地にヴィジュアル事業部を移転。

 

2002年(平成14年)5月

友宏ゴム化成株式会社から、友宏ワイズ株式会社に社名変更。

 

2004年(平成16年)3月

名古屋市北区五反田町185番地に第2工場を新設、ヴィジュアル事業部を移転。

 

2004年(平成16年)4月

ISO9001認証取得。

 

2007年(平成19年)7月

春日井市御幸町2丁目3番10号に御幸工場を新設、製造部を移転。

 

2007年(平成19年)12月

名古屋市北区五反田町308番地にヴィジュアル事業部を移転。

 

2008年(平成20年)3月

ISO14001認証取得。

 

2008年(平成20年)11月

代表取締役社長に 𠮷村央子 就任。

 

2013年(平成25年)5月

日本特殊陶業株式会社様 取引先定期評価システムの設備関連部門に於いて、2012年度最優秀賞受賞。

 

2013年(平成25年)7月

創業35周年。株式会社設立30周年。

2017年(平成29年)5月

日本特殊陶業株式会社様 取引先定期評価システムの設備関連部門に於いて、2016年度最優秀賞受賞。

2018年(平成30年)7月

創業40周年。株式会社設立35周年。

友宏ワイズのイニシャル「YK」と、本社工場の主体となるゴム製品のゴム「G」を組み合わせたデザイン。わかりやすく存在感のある造形とし、「K」の字に見られる躍動感のある形状は「鋭い目をもって先を見る姿」をイメージし、未来への発展と期待感を表現したデザインとなっています。

 

創業者 𠮷村豊 の想い

弊社は、昭和53年に「友宏ゴム化成」として創業し、平成14年に「友宏ワイズ株式会社」として社名変更しています。このシンボルマークも、それに伴い作成しました。

「友宏ゴム」の「G」を残したいという「創業者の想い」がシンボルマークに込められています。